FC2ブログ

温石の寄り道

いつもと違う道を歩くと、新しい発見があるものです。新米パパになったばかりの「板前」ガリ坊主の日常と寄り道を、書いていこうと思います。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主役の舞台一度きり

komotiyaki.jpg
天然にとても近い子持ちアユが手に入りました!!

一般的に売られている子持ち鮎に比べて、小ぶりですが

味の質、自然が濃縮された香り・・・なにを挙げても比較にならない美味さ!!

私ども料理人の手に届くまでに、何人もの方が気を使い、

苦労、情熱が詰まった食材として味だけではない付加価値を纏っていきます。

子持ちアユ塩焼き 
ですから、味の面では美味く調理して当たり前。

この鮎、食材にあった設え、舞台を用意して、美しく盛り付てあげる必要があります。

だって食べてしまえばすべてがなくなるのですから・・・

今回は、楽焼のように柔らかい手付きの器にマンサクの照り葉を敷いて・・・

お客様からの頂きもので、古く美しいものです。

この器にしても一年に一度使われるかどうかなので、

盛られる事を望んでいた訳です。きっと(笑)

しかも並ではなく、最高の食材が盛られるのを^^

ここまで来ると変態じみてますね・・・(笑)

たしか10年前位に家庭画報さんの撮影したとき以来の出場?

ではなかろうか・・・かわいそうに・・・
スポンサーサイト


Comments

卵のしっかり詰まった子持ち鮎、これは美味しそうですね。
10年ぶりの出場とは、確かにご無沙汰です。
私は器は使うものと信じています。
で、以前は頻繁に使ってあげないと可哀想と思ってたんですが、
最近はちょっと考えを変えました。
使い方は人それぞれだし、使うべき時が来るのをじっと待つのも
使い方のうちかな・・・と思うようになってきました。
そういう意味では、この器も大事に使われてきたんじゃないでしょうか。
飴釉の手つき鉢ですか?敷いた葉がよく映えそうです。
そうです。飴釉がかかっていて、○楽という印があるのですが、イマイチ読めません(^_^;)
その方から雄さんの花入や良い掛け軸なんかを頂いているそうです。

今はお茶の世界から引退して、ご無沙汰になってしまわれたのですが…

showさんのおっしゃる事、よーくわかります^_^

食材だけでなく良い器にしても魂のようなものが宿っていると思っています。中には私がまだ使いこなせないやからもいると思います。

良いお客様に良い食材が必ず当たる(天候などの関係で)とは限らないと思います。そんな中で、器、食材、客が一つになる事は、本当に一期一会って事ですね\(^o^)/
作り手としてこれ程嬉しい事は、ないです!

えーそういえば瀧川さんの鼠志野向附けですが、父が名古屋に行った際に同じものを見ていました。買いませんでしたが。

良いものですね!
寄せ向こうが揃うのが楽しみですね\(^o^)/



あれは使いやすくて気に入りました。
ま、ちょっとづつ揃えていこうかなと・・・
良いのが必然的に揃うでしょうね!

Leave a Comment


Body

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ガリ坊主

Author:ガリ坊主
焼津市在住の新米板前であり、新米パパです。村上春樹と外食とコーヒーを愛し、現在コーヒーの飲みすぎで尿酸が高めの20代です。

最新画像
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。