FC2ブログ

温石の寄り道

いつもと違う道を歩くと、新しい発見があるものです。新米パパになったばかりの「板前」ガリ坊主の日常と寄り道を、書いていこうと思います。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引く



「侘び」の解釈として、一般的には貧乏であるとか、寂しい雰囲気として感じられますが、

千利休の言う「侘び」は、慎ましやかな様子。

それまでの絢爛豪華な道具で設えた茶の湯は、足し算の美であり、良いものをプラスしていくものでした。

千利休の新しい価値感は引き算の美。

研ぎ澄ましていくもの。

必要のないものを排除していくと、良いものがより洗練され、哲学的な意味すら持ち始めてきます。
スポンサーサイト


Comments

僕の求めている答えはそこなのだと思います。

洋菓子では足し算の仕事が基本ですが、僕の目指すシンプルで凛とした姿の菓子を作ることはまさに研ぎ澄ましてゆく感覚です。

現在の洋菓子を否定するつもりはありませんが、単調な味とボリュームだけのものが多いように感じます。

それぞれの価値観と哲学を持てば職人の多様性、店の個性化につながると思っています。

僕の考えを代弁してくれているかのような文でした、ありがとうございます。

グーテさん
菓子に甘さを求める人は多いですが、味を求める人は少ないですよね。
甘さを活かした料理だと考える時代ですね。

今度茶の湯について熱く語らせて下さい(笑)
アンティーク好きな人は理解出来ます!

Leave a Comment


Body

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ガリ坊主

Author:ガリ坊主
焼津市在住の新米板前であり、新米パパです。村上春樹と外食とコーヒーを愛し、現在コーヒーの飲みすぎで尿酸が高めの20代です。

最新画像
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。