FC2ブログ

温石の寄り道

いつもと違う道を歩くと、新しい発見があるものです。新米パパになったばかりの「板前」ガリ坊主の日常と寄り道を、書いていこうと思います。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青嶋利陶さんの志戸呂焼き

fc2blog_201207132130284ae.jpg
島田市金谷町には、志戸呂焼きと呼ばれる窯があります。

遠州七窯と言う小堀遠州公が自分の好みにあったものを指導した窯であり、志戸呂焼きはその中の一つでもあります。

この器は利陶窯二代目の青嶋利陶さんの作品。

陶器でありながら、唐金のような金属的な鈍い光沢があります。
フォルムもパリッとしていて気品を感じます(^-^)

その青嶋利陶さんは、遠州流であり宗家にも出入りしている、筋金入りの遠州マンです。

人と人を繋ぐ縁と言うのは、不思議なもので、たまたまこういった方と知り合えるのも、茶道の引力なのかもしれせん。

この縁を繋いでくれた、天国にいる和幸の親父さんには、感謝感謝です。
スポンサーサイト


Comments

なるほど、形もどことなく金属器的です。緑とよく合ってますね。
最近各々酒器を持ち寄って呑むことがあるのですが、他人の集めた食器類を実際に見る機会ってなかなかないですね。
何か企画できたら面白そうですが・・・
面白そうな企画ですね(^-^)
showさんの周りには、器の好きな方が沢山いらして羨ましいです!

そうですねぇ。ブログなんかの画像でしか、なかなか拝見できませんねぇ。

showさんの淹れた煎茶も味わってみたいですね(笑)
温石さんの器は、行けば拝見できそうですね(笑)。
お茶といえば最近鉄瓶を買ってみました。
まだ使い始めでなんともいえないですが、お湯は丸い感じになりますよね。
Twitterで読みましたよ\(^o^)/
はじめは金臭いですが、使い込むほどに湯が美味くなっていきますね。

鉄瓶の内部にナントカ言う成分が作られていくと、科学的にも実証されていますし。(いい加減ですいません)

そしたら瓶掛けを買わないとですね\(^o^)/直火では、痛んでしまいますし!
底径が小さいんですがIHで加熱できたので、自宅ではそれで使ってます。
ガス火は水分を含んでいて良くないらしいですね。
IHは痛むほど加熱できないですし、いいかなと。
それはそれとして瓶掛は欲しいところですね~。
さすが(^_^;)
showさんに選ばれる瓶掛け、実に興味深いです!
お茶会開いて下さいね(笑)

Leave a Comment


Body

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ガリ坊主

Author:ガリ坊主
焼津市在住の新米板前であり、新米パパです。村上春樹と外食とコーヒーを愛し、現在コーヒーの飲みすぎで尿酸が高めの20代です。

最新画像
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。